上代特殊仮名遣

ウ段/オ段乙/ア段/イ段甲の母音字を先ず基本的なものとし、入出力に負担の掛からないu/o/a/iで書く。これは「オ段甲をo、オ段乙をö」とする一般的な書き分け方と逆になるが、大事なのはかつて存在した区別を示すことである。

Segsyoxafuは音韻を基にしているので、八母音説などの当時の音声に関する主張は一切しない。推定音価として使われる音声記号とここで提案する綴りとは全く異なる物であり、異なる目的のために使用されるべきである。

平安時代のアクセントを踏まえたそれぞれの拍の最小対:
オ段甲乙: 子 — 此(コー, 高高)
エ段甲乙: 四段活用命令形 — 四段活用已然形
イ段甲乙: 髪 — 神(カミ, 低低)


エ段甲以外の残り三つは、甲乙を持たない段の母音字u/aにw/yを後接させて母音字列を作ることで表す。
aにu性を加えるという意味でaw、u/aにi性を加えるという意味でuy/ayを使う。
ここで基準とした母音字u/aは、Segsyoxafuでの五段の並び「ウオアエイ」で最初に来るものと、中央に来るものである。
上代に於ける実際の音価や、上代仮名各種の発生原因なども参考にはしたが、直接的にそれらを示している訳ではない。
aやuが使われているが、aw/ay/uyはそれぞれを独立した一字とみなすので、「綴りの維持」に於いて「ア段から変化したオ段/エ段」や「ウ段から変化したイ段」を示すためにaw/ay/uyを使うことは出来ない(拗音字としてのw/yは仮名との対応から合字として認められるが、ayやuyにはその様な対応が無く、また、これらが担った音素の前身として想定される/ai/や/ui/(/oi/)という音素列の記録も無い為、これらをaiやui(oi)からの合字またはその代用表記と認めることはできない)。
通常甲乙の区別の存在しない拍に於いても「綴りの維持」によってaw/ay/uyが現れる場合がある。


オ段甲はawとする。
有坂・池上法則での「オ乙対ウ/ア/オ甲」の対立に関連して都合が良い様に思われる。
大野晋(1977)によればオ段では乙類の数が甲類のそれを圧倒しているので、甲乙を確定し難い場合やそもそも甲乙の区別が存在しない場合は乙類として扱う。
ただし、「綴りの維持」に反しない限り、有坂・池上法則に従って同一形態素内に於けるCuCO/CaCO/CawCO/COCawのOを甲類awとする。(Cは子音字または語頭。Oは甲乙不明なコ/ゴ/ソ/ゾ/ト/ド/ノ/モ/ヨ/ロの母音字)
※COCu/COCaを除いたのは、これらのOに於ける甲乙の現れ方には明確な傾向が無い様に思われることによる。
ちなみに、「白(シロ/シラ)」に於いてのみ露出形と被覆形の交替に一応関わっていたり、「黒/暗」/「糞/臭」/「雲/隈」などやや気になる対応があったりする。ただし、これらを以ってオ段甲類の起源について何かを主張したい訳では無く、単に表記としてawならあまり直感に反しないだろうということである。

夜[よ]: Jáw
野[の]: Náw
子[こ]: Kaw
焦がれる[こがれる]: kawgaréru
杣[そま]: Sawma
空[そら]: Sáwra
栂[つが/とが]: Tugá/Tuga/Táwga
隣[となり]: Tawnari
唱へる[となへる・トナエル]: tawnafáyru
苫[とま]: Tawma
弱い[よわい]: jawvái
夜[よる]: Jáwru
腿[もも]: Máwmaw
百[もも]: Máwmaw
黒[くろ]: Kúraw
室[むろ]: Muráw
雲[くも]: Kúmaw
糞[くそ]: Kusáw
裾[すそ]: Susaw
角[つぬ/つの]: Tunu*/Tunáw
過ごす[すごす]: sugáwsu
雲る[くもる]: kumáwru
集ふ[つどふ・ツドウ]: tudáwfü
尊い[たふとい・トートイ, たっとい]: tafutáwi/tattáwi
箱[はこ]: Xakaw
鳩[はと]: Xátaw
里[さと]: Sataw
遊ぶ[あそぶ]: asawbu
争ふ[あらそふ・アラソウ]: arasáwfü
通ふ[かよふ・カヨウ]: kajawfü
迷ふ[まよふ・マヨウ]: majáwfü
数へる[かぞへる・カゾエル]: kazawfáyru
楽しい[たのしい・タノシイ*]: tanawsíi
幽し[かそけし]: kasawkaysi*
脚結[あゆひ・アユイ, あよひ・アヨイ]: Ajufi/Ajawfi
妹[いも, いもうと・イモート]: Ímaw/Imawftó
白[しろ]: Síraw — 白玉[しらたま]: Siratama
著[しるし/しろし]: Sirusi/Sirawsi
凌ぐ[しのぐ]: sináwgu
偲ぶ[しのぶ]: sinawfu* >sináwbu
賢い[かしこい]: kasikáwi
倭文[しづおり・シズオリ, しどり, しづり・シズリ]: Siduhori*/Sidawri*/Siduri*
程[ほど]: xodaw
恋[こひ・コイ]: Káwfuy
扱いて[こいて]: káwite
呼うで[ようで・ヨーデ]: jawude*
狩野[かのう・カノー]: Kanawu
より(助詞): jáwri
蜘蛛(甲乙不明)[くも]: Kúmaw
嘘(甲乙不明)[うそ]: Úsaw
動く(甲乙不明)[うごく]: ugáwku
凄い(甲乙不明)[すごい]: sugáwi
蛸(甲乙不明)[たこ]: Tákaw
cf.
色[いろ]: Iró
心[こころ]: Kokoró/Kokóro
来よ[こよ]: kojo*
怖い[こはい・こわい]: kofái
咎[とが]: Tóga
捉へる[とらへる・トラエル]: torafáyru
苔[こけ]: Kokáy
米[こめ]: Komáy
込める[こめる]: komáyru
凝る[こる]: kóru
樵る[こる]: koru*
懲りる[こりる]: koríru
剃る[そる]: sóru
飛ぶ[とぶ]: tobu
止まる[とまる]: tomaru
飲む[のむ]: nómu
乗る[のる]: noru
持つ[もつ]: mótu
読む[よむ]: jómu
寄る[よる]: joru
整ふ[ととのふ・トトノウ]: totonófü
言問ふ[こととふ・コトトウ]: kototofu*
呻ふ[のどよふ・ノドヨウ]: nodojofu*
誇ろふ[ほころふ・ホコロウ]: xokorofu*
物(モの甲乙不明)[もの]: Monó
桃(甲乙不明)[もも]: Momo
真澄(甲乙不明)[ますみ/まそみ]: Masumi/Masomi
熟す(上代用例有り、甲乙不明)[こなす]: konasu
虎(上代用例有り、甲乙不明)[とら]: Tora
逃れる(上代用例有り、甲乙不明)[のがれる]: nogaréru
齢(上代用例有り、甲乙不明)[よはひ・ヨワイ]: Jofafi
粉(甲乙不明)[こな]: Koná
壊れる(甲乙不明)[こはれる・コワレル]: kofaréru
細かい(甲乙不明)[こまかい]: komakái
困る(甲乙不明)[こまる]: komáru
堪へる(甲乙不明)[こらへる・コラエル]: korafáyru
懲らしめる(甲乙不明)[こらしめる]: korasimáyru
鸛(甲乙不明)[こふ・コー]: Kófu
育つ(甲乙不明)[そだつ]: sodátu
備える(甲乙不明)[そなへる・ソナエル]: sonafáyru
側(甲乙不明)[そば]: Sóba
そばだつ(甲乙不明): sobadátu
尖る(甲乙不明)[とがる]: togáru
永久(甲乙不明)[とは・トワ]: Tófa
凭れる(甲乙不明)[もたれる]: motaréru
靄(甲乙不明)[もや]: Mója
悶える(甲乙不明)[もだえる]: modajéru
村[むら]: Murá
隈[くま]: Kumá
熊[くま]: Kumá/Kúma
暗い[くらい]: kurai
臭い[くさい]: kusái
墓[はか]: Xaká
旗[はた]: Xatá


エ段甲はe、エ段乙はayとする。
後者が特に露出形と被覆形の交替に強く関わり、被覆形末がア段となることから。
下二段活用や下一段活用の活用語尾がケ/ゲ/ヘ/ベ/メであれば、それを乙類として扱う。
エ段の甲乙の区別が失われてから発生した可能動詞などの活用語に於いても、その活用型に於いて無標なエ段乙を使う。
四段活用での已然形の活用語尾ケ/ゲ/ヘ/ベ/メは乙類であり(命令形は甲類)、五段活用で仮定形と呼ばれる様になっても、綴りを維持する。
甲乙の使用度は同程度だが、イ段と対称的にする為に、甲乙を確定し難い場合やそもそも甲乙の区別が存在しない場合は甲類として扱う。

上[うへ・ウエ]: Ufay — 上手[うはて・ウワテ]: Ufate
酒[さけ]: Sakay — 酒樽[さかだる]: Sakadaru
目[め]: Máy — 目蓋[まぶた]: Mábuta
目だくな >面倒[めんだう・メンドー]: Maydakuna* >Maydauna* Mayndauna* >mayndáu
食べる[たべる]: tabu*, tabay* >tábay, tabáyru
確かめる[たしかめる]: tasikamu*, tasikamay* >tasikámay, tasikamáyru
書ける[かける]: kakáyru
使へる[つかへる・ツカエル]: tukafayru
虐める[いぢめる・イジメル]: idimayru
書けば[かけば]: kákayba
静けさ[しづけさ・シズケサ]: sidukáysa
詠めり[よめり]: jomi*+ari* >jomeri*
前[まへ・マエ]: Máfe
家[いへ・イエ]: Ifé
女[め]: Mé
胸[むね]: Muné
金[かね]: Kane >Kana
持てば[かてば]: móteba
有れば[あれば]: áreba
蹴る[くゑる・ケル]: kwéru
とこしへ・トコシエ: Tokosifay
いにしへ・イニシエ: Inisife
茸(甲乙不明)[たけ]: Take


イ段乙はuyとする。
露出形と被覆形の交替に強く関わり、被覆形末がウ段またはオ段(乙または不定)となる。
通常の上二段活用の活用語尾や、その変化形としての上一段活用の語幹末がキ/ギ/ヒ/ビ/ミであれば、それを乙類として扱う。上二段活用から例外的に五段(四段)活用が発生した場合での連用形語尾も同様とする。
ただし、次の場合は甲類とする。
・後から上二段活用に変化したものや、その変化形としての上一段活用
・元からの上一段活用(ただし、「廻る(みる)」を除く)
・上二段活用以外から変化した上一段活用
大野晋(1977)によればイ段では甲類の数が乙類のそれを圧倒しているので、甲乙を確定し難い場合やそもそも甲乙の区別が存在しない場合は甲類として扱う。

木[き]: Kúy — 木陰[こかげ]: Kokagay — 果物(木だ物)[くだもの]: Kudámono
火[ひ]: Xúy — 火先[ほさき]: Xosakí — 火[ふ](東国方言): Xu*
身[み]: Múy — 骸(身くろ)[むくろ]: Mukuraw
月[つき]: Tukúy — 月読[つくよみ]: Tukujomi
一日[ついたち]: Tukuytati* >Tuuytatí
陽炎[かぎろひ・カギロイ]: Kagirawfuy*
茎[くき]: Kukúy
杉[すぎ]: Suguy
菜葱[なぎ]: Naguy*
葱[ねぎ]: Néguy(「菜葱」のギと関係があるだろうと考えてこうしたが、証拠は無い)
萩[はぎ]: Xáguy
荻[をぎ・オギ]: Vóguy
柳[やなぎ]: Janaguy
蓬[よもぎ]: Jomoguy
霧[きり]: Kuyri
恋[こひ・コイ]: Káwfuy
神[かみ/かむ]: Kámuy/kamu*
神柄[かむから]: Kamukara*
雷(神鳴り)[かみなり]: Kamuynári/Kamuynarí
闇[やみ]: Jamúy
のみ(助詞): nómuy(助詞「の」と「身」が語源だと言われる)
起きる[おきる]: oku*, okuy* >ókuy, okúyru
過ぎる[すぎる]: sugu*, suguy* >súguy, sugúyru
廻る[みる]: muyru*
恨む(上二段)[うらむ]: uramu*, uramuyzu*, uramuredo*, uramuyjo*, uramuyte*
恨み[うらみ]: Uramúy
凪いで[ないで]: naguyte* >náuyde
城築く >築く[きづく]: kuydúku
cf.
日[ひ]: Xi
氷[ひ]: Xi*
上[かみ]: Kámi
髪[かみ]: Kamí
秋[あき]: Áki
脛[はぎ]: Xagí
口[くち/くつ]: Kuti/Kutu
切る[きる]: kíru
水[みづ・ミズ]: Midu
落ちる:[おちる] otíru
見る[みる]: míru
生きる[いきる]: iku*, iki* >íki, ikíru
飽きる[あきる]: aku*, aki* >áki, akíru
出来る[できる]: deku*, deki* >déki, dekíru
老いる[おいる]: oju*, oi* >ói, oíru
恨む(上一段由来説)[うらむ]: uramu*, uramizu*, uramiredo*, uramijo*, uramite*
陽炎[かげろふ・カゲロー]: Kagérawfu
凪(名)[なぎ]: Nagí
薙いで[ないで]: nagite* >náide
杵築く >築く[きづく]: kidúku
不知火[しらぬひ・シラヌイ]: Siranufi/Siránufi
蝉[せみ]: Semi
空蝉(甲乙不明)[うつせみ]: Utusemi


甲乙両例がある場合は無標な綴りを優先するが、同種の語形変化による語同士で甲乙が食い違わない様にする。

糸[いと]: Íto
跡[あと]: Átaw
太い[ふとい]: xutáwi
手着[たづき/たどき]:Tadukí/Taduki/Tadawki*
取る[とる]: tóru
移ろう[うつろふ・ウツロウ]: uturafu* >uturófü
服う[まつろふ・マツロウ]: maturafu* >maturofu*
cf.
襲ふ(甲乙不明)[おそふ・オソウ]: osafu* >osofü
繕う(甲乙不明)[つくろふ・ツクロウ]: tukurafu >tukurófü
すすろふ: susurafu >susurofu*
ほころふ: xokorafu >xokorofu*
つづしろふ: tudusirafu >tudusirofu*
もとほろふ: motoforafu >motoforofu*


aw/ay/uyが長音化した場合や維持されるべき綴りが不明または存在しない場合は、aww/ayy/uyyとする。
ただし、オ段の長音化に於いて、既に歴史的仮名遣で引き音拍がウとされている場合は、uの添加とみなす。
参考: 長音

紀伊[きい・キー]: Kúyy
cf.
狩野[かのう・カノー]: Karinaw* >(Kannaw*) >Kanawu


上代特殊仮名遣いにはまだよくわからない部分が多いので、参考となる情報を以下に書く。
・ノ甲はかつてヌとして扱われた。

大野晋(1977)からの引用(オ段乙をö、エ段乙をë、イ段乙をïとして書かれているので注意):

(1) e・ë・ï・oという母音は、a・u・ö・iに比較して使用度数が極めて少ない。
(2) e―e、ë―ë、ï―ï、o―oという母音の複合によって語根を形成することが原則的にない。
(3) e・ë・ï・oは、語の末尾か途中に現れるものが極めて多い。
(4) その中にはia→e、ai→ë、öi→ï、ua→oという由来を持つと推定できるものが少なくない。

万葉集での使用度数に関する記述のまとめ:

ウ段15.3%
オ段23.7%(内、オ段甲16.3%、オ段乙83.7%)
ア段28.9%
エ段9.1%(内、エ段甲44.6%、エ段乙55.4%)
イ段23.0%(内、イ段甲89.5%、イ段乙10.5%)

これをSegsyoxafuで書き直し、全8段を数の多い順に並べると、次の様に成る。
a(28.9%), i(20.6%), o(19.8%), u(15.3%), ay(5.04%), e(4.06%), aw(3.86%), uy(2.42%)

有坂秀世(1955)からの引用:

奈良朝時代に於て、同一の語が或は{u}を含む形を以て、或は{o}を含む形を以てあらわれる例は相当多い

森博達(1991)からの引用:

・イ列一類のうち、少なくとも「イ」の母音は、乙類より甲類に近い。
・エ列一類のうち、少なくとも「テ」・「デ」・「ネ」・「レ」の母音および「ヱ」の主母音は、乙類より甲類に近い。
・オ列の甲乙二類の母音はともに中開母音であるが、二類は母音の奥舌対中舌の対立によって弁別される。
・オ列一類のうち「ホ」・「ボ」・「モ」・「ヲ」の母音は一般に甲類に近く、「オ」の母音は乙類に近い。


私見:
・露出形がイ段乙で被覆形がオ段のものに「木」や「火」があるが、東国方言や一部の複合語に於いて被覆形がウ段になり得る。(方言を根拠とするのは危ういか)
・ミ乙の一拍語「身」にはモという読みが見当たらない。(未確定)
・有坂・池上法則に関して、二拍以上の語に於いてイ段乙がア段やウ段と共存している例が多い様に思われる。(未確定)
・uaからオ段甲になったと考えるにはそれを示唆し得る語が少な過ぎる様に感じられる。(「数える/集う」のみか)
・uaがオ段甲になったという説はク語法の起源を「連体形+aku」に求める説との整合が取れていない様に思われる。
・エ段に於いて乙類の数が甲類のそれに0.98%差で勝っているが、決定的な差とは言えない。『万葉集』以外ではどうなるのかが気になる。
・音韻上の合流後は甲乙共に全く同一の音価になるので、テ/デ/ネ/レ/ヱ/ホ/ボ/モ/ヲの音声が「甲類的」であったとしても、それはSegsyoxafuで甲類として書く為の根拠にはならない。


参考文献:
有坂秀世(1955) 『上代音韻攷』 159-160, 386 三省堂
大野晋(1977) 「音韻の変遷(1)」 『岩波講座日本語 5 (音韻)』 185-188, 204 岩波書店
森博達(1991) 『古代の音韻と日本書紀の成立』 94 大修館書店

関連文献:
馬淵和夫(1957) 「『古事記』のシ・オ・ホのかな」
早田輝洋(1977) 「生成アクセント論」 『岩波講座日本語 5 (音韻)』 323-360 岩波書店
城田俊(1977) 「特殊仮名遣いオ列音の異例」
釘貫亨(1981) 「上代オ列甲・乙母音対立崩壊の一要因–機能負担量の観点から–」


正書法(凡例)

原則
直音
拗音
長音
促音
撥音
アクセント
特殊な記号
アポストロフィ
外来音と外来語
分かち書きと大文字
Inglisc