撥音

促音と違ってmm/nn以外では重子音としての表記ができないので、撥音はm/nのみ。どちらの撥音も語末に立てるので、後続音からの独立性が強い。


平水韻で侵/覃/塩/咸/寝/感/琰/豏/沁/勘/豔/陥/(緝/合/葉/洽)の韻に属する字音の撥音はmとする。
ただし、連声に於いて直後にナ行を発生させた場合は、韻に関わらずその撥音をnとする。

三千[さむぜん・サンゼン]: Samzén
感想[かむさう・カンソー]: Kamsag
謙虚[けむきょ・ケンキョ]: kémkyo
審査[しむさ・シンサ]: Símsa
実験[じっけむ・ジッケン]: Zitkem
阿吽[あうむ・アウン]: Ahum
担任[たむにむ・タンニン]: Tamnim
減気[げむき・ゲンキ]: Gémki
堪忍[かむにん・カンニン]: kámnin
納戸[なむど・ナンド]: Namdaw
甲板[かむぱん・カンパン]: Kampan
甲高い/疳高い[かむだかい・カンダカイ]: kamdakái
cf.
感応[かむおう >かんのう・カンノー]: Kamhog* >Kannog
三悪[さむあく >さんなく・サンナク]: Samhaku* >Sánnaku
三惑[さむわく >さんぬゎく・サンナク]: Samvaku* >Sánnwaku
足りぬ >堪能[たんのう・タンノー]: tarinu* >Tannou


和語でもマ行子音と同じ音素によると思われる撥音はmとする。
マ行やバ行から変化した撥音や、マ行やバ行の直前でウから変化した語頭の撥音もここに含める。
ただし、語頭の撥音は音韻的にm撥音であったろうが、uと綴られるべきものが規則的にm撥音化しただけと思われるので、特に撥音であることを強調する必要が無い限り、uで書く。もし字音由来と言われるものとそうでないものとの間に音韻上の区別があったなら、その区別に応じてmとuとを使い分けることになるが、それを示す証拠は無いと思われる。
ちなみにマ行とバ行の音価は音声学的に両唇音という点で近く、マ行とバ行とを入れ替えても通じる語もある(「寒い/寂しい/候ふ」など)。

考へる[かむがへる・カンガエル]: kamgafáyru/kamgáfayru
飲むで[のむで・ノンデ]: nomite* >nómde
飛むで[とむで・トンデ]: tobite* >tomde
商人[あきむど・アキンド]: Akibito* >Akímdo
神[かむ・カン]: Kámuy/kamu* >kam*
簪[かむざし・カンザシ]: Kamisasi* >Kamzasi
軽むずる[かろむずる・カロンズル]: karawmisu* >karawmzúru
重むずる[おもむずる・オモンズル]: omomisu* >omomzúru
-様>-さむ・サン: -sama >-sam
爺さむ[ぢいさむ・ジーサン]: Díisam
婆ちゃむ[ばあちゃむ・バアチャン]: Báatyam
馬[うま・ウ゚マ >(むま・ンマ)]: Umá >(Mmá)
子馬[こうま・コウ゚マ >(こむま・コンマ)]: Kawhuma >(Kawmma)
梅[うめ・ウ゚メ >(むめ・ンメ)]: Umay >(Mmay)
孫[まご, うまご・ウ゚マゴ >(むまご・ンマゴ)]: Magáw/Umagaw* >(Mmagaw*)
姥[うば >(むば・ンバ)]: Úba >(Ḿba)
山姥[やまうば >(やまむば・ヤマンバ)]: Jamáhuba >(Jamámba)
宜[うべ >(むべ・ンベ)]: ubay* >(mbay*)
埋まる[うまる・ウ゚マル >(むまる・ンマル)]: umaru >(mmaru)
生まれる[うまれる・ウ゚マレル >(むまれる・ンマレル)]: umareru >(mmareru)
旨さ[うまさ・ウ゚マサ >(むまさ・ンマサ)]: Úmasa >(Ḿmasa)
cf.
神[かう・コー]: Kámuy/kamu* >kam* >kau*
神戸[かうべ・コーベ]: Kámbay >Káubay
上[かう・コー]: Kámi >kam* >kau*
上野[かうづけ・コーズケ]: Káudukay
三[ざう・ゾー]: Sam >(zam*) >zau*
省三[しゃうざう・ショーゾー]: Syagzau
ご覧ず[ごらうず・ゴローズ]: goramzu* >gorauzu*
日向[ひうが・ヒューガ]: Ximuka* >(Ximga*) >Xíuga
峠[たうげ・トーゲ]: Tamukáy >(Tamgay*) >Taugáy
笄[かうがい・コーガイ]: Kamikaki* >(Kamgai*) >Kaugai
手水[てうづ・チョーズ]: Temidu* >(Temdu*) >Téudu
麹[かうぢ・コージ]: Kamdati* >Kamti* >(Kamdi*) >Kaudi
麹[かうじ・コージ]: Kamosi* >(Kamzi*) >Kauzi
蔵人[くらうど・クロード]: Kurabito* >Kuramdo* >Kuráudo
商人[あきうど・アキュード]: Akibito* >Akímdo >Akíudo
仲人[なかうど・ナコード]: Nakabito* >(Nakamdo*) >Nakáudo
候ふ[さうらふ・ソーロー]: saburafu* >saurafu*
だらう・ダロー: d’aramu* >d’aram’* >d’aráu
しよう・シヨー: semu* >sem’* >seu* >sijóu
しさうだ・シソーダ(「様」説): sisau da
するさうだ・スルソーダ(「様」説): suru sáu da
羽毛[うもう・ウモー]: Umou
高級羽毛[かうきふうもう・コーキューウモー]: Kaukifu-húmou
得べし[うべし]: ubaysi*
有無[うむ]: Úmu
郁子[むべ/うべ/うむべ]: Múbe/Úbe/Umube*
海[うみ]: Úmi
鰻[うなぎ]: Munagi >Unagi
飲む[のむ]: nómu


同様にマ行やバ行の直前でア行やア行に近しいワ行/転呼ハ行/ヤ行から変化した撥音や、マ行やバ行の直前に添加された撥音もmとする。さらにbとの相互標識(何らかの文字に記号を付けたものの代用同士)であるp/f/xの直前でも同様とする。
維持されるべき綴りが不明または存在しない撥音もこれに従う。
参考: 特殊な記号

あまり >あむまり・アンマリ: amari >ammari
鳶[とむび・トンビ]: Tóbi >Tómbi
-む坊[むばう・ンボー]: -bag >-mbag
暴れむ坊[あばれむばう・アバレンボー]: Abarembag
は >ば >むば・ンバ: fa >ba >mba
やはり >やむはり・ヤンワリ: jafari >jamfári
ふはり >ふむはり・フンワリ: xufári >xumfári(xunváriの可能性あり)
痩馬[やしょむま・ヤションマ]: Jasehuma >Jaseuma >Jasyomma
丼[どむ・ドン]: Domburi >Dóm
小便[しょむべん・ションベン]: Seubén >Syombén
連れしょむ[つれしょむ・ツレション]: Turesyom
秋刀魚[さむま・サンマ]: Samma
八ッ場ダム[やむばだむ・ヤンバダム]: Jamba-dam
アンパ: ampa*
アンハ: amxa*


日葡辞書でのVmという記述や「吽」の韻尾から、感動詞「うん」やそれに近しいと思われるものの撥音もmとする。

うむ・ウン: úm
うむと・ウント: umto
うむ万円[うむまんゑん・ウンマンエン]: Ummanven
うむこ・ウンコ: Úmko
ううむ・ウーン: uum
む・ン: m
cf.
うむ: úmu


平水韻で真/文/元/寒/刪/先/軫/吻/阮/旱/潸/銑/震/問/願/翰/諫/霰の韻に属する字音の撥音はnとする。

元旦[ぐゎんたん・ガンタン]: Gwantan
元気[ぐゑんき・ゲンキ]: Gwénki
完成[くゎんせい・カンセイ*]: Kwanseg
選挙[せんきょ]: Sénkyo


上記の規則から漏れる撥音はnとする。
「感応」や「三悪」などの連声から、m撥音よりn撥音の方が機能上は基本的なものになったものと考える。

死んで[しんで]: sinite* >sinde
何で[なんで]: Náni de >Nán’ de/nánde
肯んずる[がへんずる・ガエンズル]: kafaynisu* >gafaynzúru
如何[いかん]: ikáni >Ikán
盛ん[さかん]: sakari >sakan
あなり/あんなり・アンナリ: annari*
あめり/あんめり・アンメリ: anmeri*
問屋[とんや]: Tofija* >Tonja
皆[みんな]: Muyná >Muynná
鑑みる[かんがみる]: kagamiru* >kangamíru
凄い >すんごい: sugáwi >sungáwi
四[よん]: Jó >Jón
四万[よんまん]: Jonmán

日本国語大辞典によると「四」には「三」の影響から撥音が添加されたようだが、その時点では既にm撥音とn撥音は区別されていなかっただろうと考え、そのような撥音を基にした「四」をjónとした。


撥音符の直後の長音符は撥音とみなす。長音でない「ンン」を表現したい場合は、スペースで区切る。

ンー=ンン: nn


正書法(凡例)

原則
直音
拗音
長音
促音
上代特殊仮名遣
アクセント
特殊な記号
アポストロフィ
外来音と外来語
分かち書きと大文字
Inglisc