直音

母音字:
u/o/a/e/i
基本的にはウ段はu、オ段はo、ア段はa、エ段はe、イ段はiに対応。
参考: 上代特殊仮名遣

子音字:
r/s/z/n/t/d/k/g/m/p/b
ラ行はr、サ行はs、ザ行はz、ナ行はn、タ行はt、ダ行はd、カ行はk、ガ行はg、マ行はm、パ行はp、バ行はbに対応。
濁点/半濁点の有無に関わらず、清音と区別された濁音の子音字はz/d/g/b、ハ行音と区別されたパ行音の子音字はpとなる。
ちなみに、和語に於いてラ行は滅多に語頭に立たず、非語頭での現代のラ行子音の音声は典型的なrの音価である。

※サ行子音の元の音声は摩擦音ではなく破擦音であったとする説があり、それに基づいてサ行子音にcを当てるという案もあった。しかし、u/o/aの直前でも摩擦音(現代のサ行子音の音声)で読まれるcというのが少なくとも一般的ではないことと、サ行の表記が他の行から区別されていればそれで問題ないことから、一般的なローマ字と同様にsを当てた。

この様に日本式ローマ字に近い部分もあるが、以下に注意の要る文字を挙げる。


h:
ア行に於いて次のどちらかに当てはまる場合、音節の境界を示す為に形式的な子音字としてhを使う。ハイフンの有無はhの有無に影響しない。
1(語構成の明示): 形態素頭(活用語尾を除く)であり、引き音になっていない場合
2(音節境界): 子音字が必要な場合(口蓋垂接近音として現れる傾向があるかも知れない)

2の具体例:
・同一語内に於いて直前に子音字がある。
・同一語内に於いて直前に同じ母音字があり、その引き音になっていない。
(形容詞語尾イを直前のイ段との長音にさせない場合など。これを仮に形容詞語尾の強調形と呼ぶ。強調形の綴りは示していないが、形容詞の語末をiiからihiに変えることで作られる)

例外:
・語幹と活用語尾との境界に於いて音節境界の有無が揺れる場合は、音節境界を無いものとして扱う。
・韻文に於いて音節数を調整する必要がある場合は、必要に応じて音節境界hを着脱しても良い。


1に「語構成の明示」と書いたが、これは分かりやすさを優先した表現であり、正確には2と同様に音節境界を根拠としており、直接的にはhで音節境界を示す必要が薄く感じられる位置に於いても、その必要がある場合と形を揃えるということである。そしてこれが語構成の明示に役立つ。
一方、複合語を除けば、上代日本語に於いてア行は語頭にしか無かった為、元々はhが存在しなかったと見なし、また、役に立つことも無いので、語頭ではhを使わない。

ロマンス諸語でのh(音価無し)から。
参考: 特殊な記号

あいうえお・アイウエオ: Ahihúheho
恣意[しい]: Síhi
他意[たい]: Táhi
真意[しんい]: Sínhi
極意[ごくい]: Gókuhi
里親[さとおや]: Satawhoja
稀有[けう]: kéhu
左右[さいう・サユー]: Sáhiu
胡瓜[きうり・キューリ]: Kihuri* >Kíuri
悪運[あくうん]: Akuhun
毛糸[けいと・ケイト/(俗)ケート]: Kayhito(Kayito)
黄色[きいろ・キイロ/(俗)キーロ]: Kihiro(Kiiro)
体育[たいいく・タイイク/(俗)タイーク >タイク]: Táihiku(Táiiku >Táiku)
未曾有[みぞう・ミゾー]: mizohu >mizou
羽織る[はおる]: xahóru
幸せ[しあはせ・シアワセ]: Sihafase
美味しい[おいしい・オイシイ*]: ohisíi
腹癒せ[はらいせ(はらゐせ・ハライセ)]: Xarahise(Xaravise)
或いは[あるいは・アルイワ]: arúhifa
やおい: Jáhohi/Jahohi
であ: de áru >(deharu*) >(deha*) >dea*
やるお: jaruho*
やらんお: jaranho*
だらうお・ダローオ: d’aráuho
おいおい: óihoi
アンアン: anhan*
アッア: atha*
アンア: anha*
アーア: áaha
ウーウ: uuhu*
イーイ: iihi*
アアー: ahaa*
アアア: ahaha*
cf.
体[たい]: Tái
砂糖屋[さたうや・サトーヤ]: Satagja
左右[さう・ソー]: Sau*
西洋[せいやう・セイ*ヨー]: Séijag
秀でる[ひいでる・ヒーデル]: xiidéru
櫂[かい]: Kái
申す[まうす・モース]: máusu
稼いで[かせいで・カセイ*デ]: kaséide
美しい[うつくしい・ウツクシイ*]: utukusíi
美しう[うつくしう・ウツクシュー]: utukusíku >utukusíu
大分[おほいた・オーイタ]: Ófoita
はあい・ハーイ: xaai
わあい・ワーイ: váai
みたい: míta jág >mítai
赤い[あかい]: akái/akai
全米オープン[ぜんべいおうぷん・ゼンベイ*オープン]: Zenbei-open

維持されるべき綴りが不明または存在しない場合は、「ウ」や「イ」の音に当たる拍の綴りをu/huやi/hiとする。


x, f:
転呼(ワ行音化)していないハ行の子音字はx、転呼したハ行の子音字はf。
xはスペイン語やアゼルバイジャン語などでのxや、ギリシャ文字χやキリル文字х、国際音声記号xから。
fは多くの言語でのvとの関係から。
※ハ行転呼が定着するより前の時代に於けるハ行に対しても、便宜的に現代語読みに従ってこの区別を遡って適用する場合がある。厳密にはその様なハ行の子音字はxでもありfでもあり、場合によってはpでもある。

は・ワ(助詞): fa
へ・エ(助詞): fe
縄[なは・ナワ]: Nafá
那覇[なは]: Náxa
法律[はふりつ・ホーリツ]: Xafuritu
法力[ほふりき・ホーリキ]: Xofuriki
母[はは・ハワ/ハハ]: Xafa*/Xáxa
頰[ほほ・ホー/ホホ]: Xófo/Xóxo
夕方[ゆふがた・ユーガタ]: Jufugata
扇[あふぎ・オーギ]: Afugi
逢瀬[あふせ・オーセ]: Áfuse
押韻[あふゐん・オーイン]: Afuvin
仮令[たとひ・タトイ]: tatawfi/tatáwfi
譬え[たとへ・タトエ]: tatawfáy/tatáwfay
譬い[たとひ・タトイ]: tatawfi*
迷子[まひご・マイゴ]: Majawfígaw >Máfigaw
大夫[たいふ・タユー]: Táifu
大夫[たいふ]: Táixu
気配[ケハイ]: Kéxai/Káyxai
気配[けはひ・ケワイ]: Kayfafi*
億劫[おくこふ >おっくふ・オックー]: okukofu >okkúfu
追ふ[おふ・オウ]: ofü
覆ふ[おほふ・オーウ]: ofofü
放る[はふる]: xaxuru*
放る[はふる・ホール]: xafuru
屠る[はふる]: xaxuru*
屠る[ほふる]: xoxúru
屠る[ほふる・ホール]: xofuru*
使へる[つかへる・ツカエル](可能動詞): tukafayru
使はう[つかはう・ツカオー] >使ほ[つかほ・ツカオ]: tukafáu >tukafo
這ふ這ふの体[はふはふのてい・ホーホーノテイ*]: xafuxafu no téi
するは・スルワ: surúfa
ないは・ナイワ: náifa
八入折り[やしほり・ヤシオリ]: Jasifovori* >Jasifori


v:
ワ行の子音字はv。ラテン語でのvとuとの区別の仕方から。vは子音としてのu。

泡[あわ]: Avá
尾[を・オ]: Vó
絵[ゑ・エ]: Vé
胃[ゐ・イ]: Vi
男[をとこ・オトコ]: Votokáw
乙女[をとめ・オトメ]: Votóme
越度 >落度[をちど・オチド]: Vótido
襖[あを・アオ]: Au* >Ávo
芭蕉[ばせを・バセオ]: Baseu(Xaseu) >Basevo*(Xasevo*)
たわい(「他愛」は当て字): Tavai
cf.
弟[おとうと・オトート]: Otofito* >Otoftó
甲乙[かふおつ・コーオツ]: Káfuhotu
落ちる[おちる]: otíru


ワ行から母音が脱落してウになった場合、vではなくuとする。

申す[まうす・モース]: mavosu* >máusu
夫婦[めうと・ミョート]: Mevoto >Meuto
手斧[てうの・チョーノ]: Tevono >Teuno
詣で[まうで・モーデ]: mavide* >Maudé
礼[うや]: Vija* >Uja*
cf.
申す[まをす・マオス]: mavosu*
夫婦[めをと・メオト]: Mevoto
手斧[てをの・テオノ]: Tevono


維持されるべき綴りが不明または存在しない場合は、「オ」の音に当たる拍の綴りを、語頭ではo、非語頭では引き音やhの規則に当てはまらない限り、voとする。
前後の仮名に関係なく非形態素頭にはア行が滅多に立たなかったことから、非形態素頭ではoよりvoの方が無標であると考える。(頭音法則)
fはxとの相互標識なので、vを優先。
(ハ行転呼が完了して以降の文献のみを基にする場合、現在ワ行音である拍の歴史的仮名遣をハ行とするのは「過剰修正」では無いだろうか。また、これに該当する語が相当数あるのではないだろうか。とはいえ、現行の歴史的仮名遣もできる限り尊重したい)
参考: 外来音と外来語

襖𨱽[あをざい・アオザイ]: Avozai/Aozai/Áo dài(原語)
鍋巴[ぐをば・グオバ]: Guvóba/Guóba/Guōbā(原語)
cf.
魚[うを・ウオ]: Uvo
顔[かほ・カオ]: Kafo
男[をとこ・オトコ]: Votokáw
大きさ[おほきさ・オーキサ]: ofokisa
十[とを・トー]: Tóvo
里親[さとおや]: Satawhoja
オーオ: ooho*


j:
ヤ行の子音字はj。jは子音としてのi
この字が元々は子音としてのiを表す為の文字であることや国際音声記号jから。
上代特殊仮名遣におけるエ乙類はヤ行のエjeである。

湯[ゆ]: Jú
世[よ]: Jó
矢[や]: Já
江[え]: Jé
柄[え]: Je
兄[え]: Je*
干支(兄弟)[えと]: Jeto
枝[えだ]: Je/Jeda
机[つくえ]: Tukuje
采/賽[さえ]: Saje*
映える[はえる]: xajéru
見える[みえる]: miju*, mije* >míje, mijéru
cf.
声[こゑ・コエ]: Kóve
前[まへ・マエ]: Máfe


ヤ行から母音が脱落してイになった場合、jではなくiとする。

生憎[あいにく]: ajaniku* >ainiku
来い[こい]: kojo* >kói
可愛い[かはいい・カワイイ*]: kafajúi >kafaíi
みたい: míta jág >mítai
するみたい: suru mítai
夢みたい: Jumáy mitai
cf.
可愛さう[かはいさう・カワイソー]: kafai*+sau*/sag* >kafaisáu/kafaiság
してみたい: site mitái
行く[いく]: iku >juku
夢[ゆめ]: Imay* >Jumáy


維持されるべき綴りが不明または存在しない場合は、「エ」の音に当たる拍の綴りを、語頭ではe、非語頭では引き音やhの規則に当てはまらない限り、jeとする。
前後の仮名に関係なく非形態素頭にはア行が滅多に立たなかったことから、非形態素頭ではeよりjeの方が無標であると考える。(頭音法則)
voとの対称性やi >jeの語形変化を重要視して、veよりもjeを優先した。
fはxとの相互標識なので、jを優先。

遮る[さえぎる]: sakikiru* >saigiru* >sajegíru
才[ざえ]: Zai* >Zaje*
いいえ・イーエ: iije
cf.
得る[える]: éru
戎[えびす]: Ébisu
愛媛[えひめ]: Éxime
姉さむ[ねえさむ・ネーサン]: Néesam
ねえ・ネー: née
ええ・エー: ée
エーエ: eehe*
法衣[ほふえ・ホーエ]: Xofuhe
帰依[くゐえ・キエ]: Kwíhe
英語[えいご・エイ*ゴ]: Eggo


日本語に於いてワ行のウとア行のウとが、またはヤ行のイとア行のイとが音韻上区別されたという証拠は無いとされる。これらの区別の存在が確定するまで、vu/jiを存在しないものとして扱う。
このことからuとv、iとjを同種のものの異なる形とみなし、母音字であることを要求される場合はもちろん、子音字であることを要求されない場合も、ワ行/ヤ行からの母音脱落形としてのウ/イをv/jではなくu/iとする。

わゐうゑを・ワイウエオ: Vavihúvevo
やいゆえよ: Jahijújejo
植ゑる[うゑる・ウエル]: uu*, uuru*, uve* >uve, uveru
聶う[ひう(古語の現代共通語読み)]: xuyu*, xuyuru*, xuyve*
老いる[おいる]: oju*, oi* >ói, oíru
悔いる[くいる]: kuju*, kui* >kúi, kuíru
射る[いる]: íru, i
cf.
食ふ[くふ・クウ*]: kúfu
報ふ[むくふ・ムクウ*]: mukúfu
いい加減[いいかげむ・イーカゲン]: iikagem
聞いて[きいて・キーテ]: kiite
良い[いい・イイ*]: jeki* >jóki >jói >jei*/jee*/íi
大きい[おほきい・オーキイ*]: ofokíi
可笑しい[をかしい・オカシイ*]: vokasíi
悲しい[かなしい・カナシイ*]: kanasíi
楽しい[たのしい・タノシイ*]: tanawsíi
可愛い[かはいい・カワイイ*]: kafajúi >kafaíi
愛ほしい[いとほしい・イトーシイ*]: itofosíi


特殊な語形変化:
元となる綴りからでは一見どの様な語形変化とみなして綴りの維持をすれば良いのかが分かり難い場合があるが、下記の例では変化が起きた当時に同音となっていた綴りを挟むことで理解し易くなる。
{}は、語形変化が起きた時点に於ける、その中の綴りの音価を表す。

{fu}={u}, u >v(転呼したフのオ音化は母音交替では説明できない):

葵[あふひ >あをひ・アオイ]: Afufi* >(Aufi*) >Avofi
仰ぐ[あふぐ >あをぐ・アオグ]: afugu* >(augu*) >avógu
煽る[あふる >あをる・アオル]: afuru* >(auru*) >avóru
倒す[たふす >たをす・タオス]: tafusu* >(tausu*) >tavósu
倒し方[たふしかた >たをしかた・タオシカタ]: Tavosikáta
仰向き[あふむき >あをむき・アオムキ]: Avomuki
仰いで[あふいで >あをいで・アオイデ]: avóide
浅茅生[あさぢふ >あさぢを・アサジオ]: Asadifu >(Asadiu) >Asadivo(一般的な歴史的仮名遣に従えばAsadifo)
cf.
扇[あふぎ・オーギ]: Afugí
襖[あを・アオ]: Au* >Ávo
芭蕉[ばせを・バセオ]: Baseu(Xaseu) >Basevo*(Xasevo*)

葵:
あをい 大上臈御名之事〔16C前か〕

仰ぐ:
あうがれ 大鏡〔12C前〕三・兼通
あをぐ 愚管抄〔1220〕四・後三条
あをぎて 梵舜本沙石集〔1283〕六・七
auogui(アヲギ) 日葡辞書〔1603〜04〕

煽る:
あをって 玉塵抄〔1563〕一二
Auoru(アヲル) 日葡辞書〔1603〜04〕

倒す:
たおさる 平家物語〔13C前〕一二・六代被斬
tauosu(タヲス) 日葡辞書〔1603〜04〕

{fi}={i}, i >j:

穏やか[おだやか]: odafika* >(odaika*) >odájaka
cf.
遮る[さえぎる]: sakikiru* >saigiru* >sajegíru
才[ざえ]: Zai* >Zaje*

{fe}={je}, je >i(語形変化の直前までfeのfがiに近い音価を持っていたことが必要):

虐げる[しへたぐ >しいたげる・シータゲル]: sifetagu* >(sijetagu*) >siitagáyru(一般的な歴史的仮名遣に従えばsifitagáyru)
おまい: Omafe >(Omaje*) >Omai(?)
元い[もとい]: motófe >(motoje*) >motoi(?)
cf.
蝿[はへ >はひ・ハイ]: Xafay >Xafi(上記の例より時代が早いが、同様に「Xafay >(Xaje) >Xai」とすべきか)
田返す >耕す[たがやす]: takafesu* >(tagajesu*) >tagajásu
生憎[あいにく]: ajaniku* >ainiku
来い[こい]: kojo* >kói


四つ仮名(ズ/ジ/ヅ/ヂ)に関して維持されるべき綴りが不明または存在しない場合は、同一形態素内に於いてtuの直後でdu、tiの直後でdiを優先し、それ以外ではzu/ziを優先して扱う。
音声学的にダ行が主に破裂音/破擦音/摩擦音の3種であるのに対して、ザ行が主に破擦音/摩擦音の2種である故に子音がより綺麗に纏まること(仮名遣に於いて「ヅ→ズ」や「ヂ→ジ」という方向での間違いの方がその逆よりも多かったらしい)や、濁点を無視した場合での仮名の反復傾向から。
ただし、既に浸透した仮名遣に積極的に変更を加えることは無い。

げじげじ: Gezigezi
無花果[いちじく]: Itíziku
cf.
蜆[しじみ]: Sizimi
縮み[ちぢみ]: Tidimi
涼み[すずみ]: Suzumí
鼓[つづみ]: Tudumí

参考文献:
森田武(1977) 「音韻の変遷(3)」 『岩波講座日本語 5 (音韻)』 267 岩波書店
芹澤剛(1996) 「いちじく」という表記


正書法(凡例)

原則
拗音
長音
促音
撥音
上代特殊仮名遣
アクセント
特殊な記号
アポストロフィ
外来音と外来語
分かち書きと大文字
Inglisc

広告