長音

転呼したハ行から母音が脱落してできたウ(ハ行からのウ音便)はfとする。フはfに成らない。
ただし、次の場合ではfをuに変える。
・ウがhの使用条件(非語頭の形態素頭/子音字直後)に当てはまる場合(f >hu)
・ウが語頭である場合(f >u, 語頭のuはhuと等しいから)
・その他、母音字であることを要求される場合
※ハ行四段活用動詞の連用形などで促音化している例の多い拍だが、fとuの音価が合流した後にfの音価だけを促音に変化させるのは不自然と考えた。

妹人 >妹[いもうと・イモート]: Imawfito* >Imawftó
弟人 >弟[おとうと・オトート]: Otofito* >Otoftó
兄人[せうと・ショート]: Sefito* >Sefto*
素人[しらうと/しろうと・シロート]: Sirafito*/Sirawfito* >Siráfto/Siráwfto
男人 >夫[をうと・オート]: Vofito* >Vofto*
舅[しうと・シュート]: Sifito* >Sifto(注1)
箒[はうき・ホーキ]: Xaxaki* >Xafaki* >Xafki
請うて[こうて・コーテ]: kofite* >kófte
問うて[とうて・トーテ]: tofite* >tófte
言うて[いうて・ユーテ]: ifite* >ifte*
蝙蝠[かうもり・コーモリ]: Kafaxori* >Káfmori
河本[かうもと・コーモト]: Kafamoto* >Káfmoto
河骨[かうほね・コーホネ]: Kafaxone* >Kafxone
河内[かうち・コーチ]: Káfati >Káfti
向かう[むかう・ムコー]: Muk’afi >Muk’áf(注2)
相撲[すまう・スモー]: Sumafi >Sumaf(注2)
cf.
河内[かふち・コーチ]: kafa*+uti* >Káf’uti
河内[かうち・コーチ]: ka*+uti* >Káuti
白粉[はふに・ハウニ]: Xakuxun* >Xaxuni* >Xafüni*
蔵人[くらうど・クロード]: Kurabito* >Kuramdo* >Kuráudo
秋保[あきう]: Akifo* >Akif* >Akihu*
東人[あづまうど]: Adumabito* >(Adumamdo*) >(Adumaudo*) >Adumahudo*
甲[かふ・コー]: Káfu
向かふ[むかふ・ムカウ]: muk’afü
向かふ[むかふ・ムコー]: Muk’áfü(注2)
争ふ[すまふ・スマウ]: sumafu*
相撲[すまふ・スモー]: Sumafu(注2)

注1: 「シヒト」の「ヒト」の上代特殊仮名遣が「人」のそれと一致しているので、この様な語形変化があったのだろうと考えた。
注2: 連用形からとする説ではf、連体形からとする説ではfuとなる。


オ段の長音に変化したafo/avoがウ音便として扱われていない場合でも、下記の仮名遣に基づいて全てoの脱落として扱う。

直会[ノーライ]:
ナフラヒ 日本書紀〔720〕持統元年八月(北野本訓)
ナウライ 色葉字類抄〔1177〜81〕
なうらい 古活字本毛詩抄〔17C前〕一三
ナウライ 布令字弁〔1868〜72〕〈知足蹄原子〉三
*日本書紀北野本は平安末期のものなのでハ行転呼の完了より後。もし前なら母音交替とみなしNafurafiとなる。

赤魚/緋魚[アコー]:
アカウ 書言字考節用集〔1717〕五

青梅[オーメ]:
アフメ 談義本・当世下手談義〔1752〕
アウメ 小学生徒改良衣服裁縫伝授〔1886〕

直会[なほらひ >なうらひ・ノーライ]: Naforafi* >Nafrafi*
直衣[なほし >なうし・ノーシ]: Nafosi* >Nafsi
直方[なほがた >なうがた・ノーガタ]: Nafogata* >Nafgata
赤魚/緋魚[あかを >あかう・アコー]: Akavo* >Akau
赤穂[あかほ >あかう・アコー]: Akafo* >Ákaf
青梅[あをめ >あうめ・オーメ]: Avomay* >Áumay
真岡[まをか >まうか・モーカ]: Mavoka* >Mauka
素襖[すあを >すあう・スオー]: Suhavo* >Suháu
cf.
素袍[すはう・スオー]: Sufáu


基本的にgはガ行の子音字だが、平水韻で下記の韻に分類される字音の韻尾のウやイは共にgとする。
平水韻: 東/冬/江/董/腫/講/送/宋/絳陽/庚/青/蒸/養/梗/迵/漾/敬/径
ただし、一拍のみで構成される字音など、母音字であることを要求される場合を除く。
直前の母音字によってウかイかが明確に定まるので混乱は起きない。(ug/og/agならウ、egならイ)
「相模/双六/愛宕」など、韻尾をガ行で表した例がある。詳しくは本居宣長の『地名字音転用例』を参照。
「うむの下濁る」と言われる様に、この種の字音の直後では連濁が起きやすかった。
gに母音的な音価を持たせている例として、ゲルマン語派やトルコ語(ğ)を参考にした。

東京[とうきゃう・トーキョー]: Togkyag
通行[つうかう・ツーコー]: Tugkag
交通[かうつう・コーツー]: Kautug
同僚[どうれう・ドーリョー]: Dogreu
同量[どうりゃう・ドーリョー]: Dogryag
冬至[とうじ・トージ]: Togzi
当時[たうじ・トージ]: Tágzi
妙齢[めうれい・ミョーレイ*]: Meureg
情景[じゃうけい・ジョーケイ*]: Zyagkeg
映像[えいざう・エイ*ゾー]: Egzag
重要[ぢゅうえう・ジューヨー]: dyugheu
中国[ちゅうごく・チューゴク]: Tyúggoku
香草[かうさう・コーソー]: Kagsau
西洋[せいやう・セイ*ヨー]: Séijag
正解[せいかい・セイ*カイ]: Segkai
正月[しゃうぐゎつ・ショーガツ]: Syaggwatu
証拠[しょうこ・ショーコ]: Syogko
証明[しょうめい・ショーメイ*]: Syogmeg
照明[せうめい・ショーメイ*]: Seumeg
明星[みゃうじゃう・ミョージョー]: Myagzyag
金星[きむせい・キンセイ*]: Kimseg
丁寧[ていねい・テイ*ネイ*]: tégneg
包丁[はうちゃう・ホーチョー]: Xautyag
しさうだ・シソーダ(「相」説): sisag da
するさうだ・スルソーダ(「相」説): suru ság da
通じる[つうじる・ツージル]: tugziru
応じる[おうじる・オージル]: ogziru
命じる[めいじる・メイ*ジル]: megziru
勝事 >笑止[しょうし・ショーシ]: Syogzi* >Syógsi/Séusi
硫黄[いわう・イオー]: Ivag
判官[はうぐゎん・ホーガン]: Xángwan >Xággwan
冷泉[れいぜい・レイ*ゼイ*]: Regzen* >Regzeg
(「判/泉」の韻尾は本来nだが、鼻音韻尾同士の混同と考えてみる)
cf.
熊[う]: u*
礼儀[れいぎ・レイ*ギ]: Reigí
税金[ぜいきむ・ゼイ*キン]: Zeikim
継続[けいぞく・ケイ*ゾク]: Keizoku
表現[へうげん・ヒョーゲン]: Xeugén
料理[れうり・リョーリ]: Réuri
調合[てうがふ・チョーゴー]: Teugafu
円柱[ゑんちゅう・エンチュー]: Ventyuu
住所[ぢゅうしょ・ジューショ]: Dyúusyo
牛乳[ぎうにゅう・ギューニュー]: Giunyuu
余裕[よゆう・ヨユー]: Jojuu
法曹[はふさう・ホーソー]: Xafusau
爆笑[ばくせう・バクショー]: Bakuseu
北条[ほうでう・ホージョー]: Xóudeu
拍子[ひゃうし・ヒョーシ]: Xuakusi* >Xyausí
公孫樹[いちゃう・イチョー]: Ityau(「ヤーチャオ」という音声転写から)
しさうだ・シソーダ(「様」説): sisau da
するさうだ・スルソーダ(「様」説): suru sáu da
硫黄[いわう・イオー]: Juva*/Juvau* >Ivau


と りあえず『日本国語大辞典』に従っておくが、「中/龍」などの字音仮名遣が「チウ/リウ」のように「イ段+ウ」とされることもある。そちらに従う場合、 iの直後のgをイとして扱う必要が無いので読み方に混乱は起きないが、ウをgで書いて良いのかは検討する必要がある。この様なウの表す対象が韻尾だけに収 まっていないのだとすれば、gを使ってはならないかも知れない。
また、アルファベットに付けられた記号はそのアルファベットに派生要素を加える為のものなので、uと起源の異なるこのウを記号付きのuで表すことは避けたい。
ちなみに、gの音価が後舌母音u/o/aの直後でウ、前舌母音e/(i)の直後でイと成る方が綺麗なので、「チュウ/リュウ」のように「ウ段+ウ」として扱いたいという気持ちもある。
関連文献: 肥瓜周二(1995) 日本漢字音における喉内鼻音韻尾の鼻音性とその表記

何か問題があるとわかるまでの実験として、ガ行からの音便にもこのgを使ってみる。
ただし、子音脱落で説明できるものには使わない。

冠[かむむり・カンムリ]: Kagaxuri* >Kagburi* >Kamburi* >Kammuri
cf.
稼いで[かせいで・カセイ*デ]: kasegite* >kaséide
泳いで[およいで]: ojogite* >ojóide
香ばしい[かむばしい・カンバシイ*]: kagufasi* >kaubasíi >kambasíi
「香」の字音から「コーバシイ*」をkagbasíiとするのも認めてみる。


長母音に於いて、短母音がその段のまま長母音化した場合では同じ母音字を並べる。
ただし、既に歴史的仮名遣で引き音拍がウとされている場合は、uの添加とみなす。
参考: 上代特殊仮名遣

母さむ[かあさむ・カーサン]: Káasam
姉さむ[ねえさむ・ネーサン]: Néesam
兄さむ[にいさむ・ニーサン]: Níisam
ああ・アー: aa
おおい・オーイ(呼び掛け): ói >oói
いいえ・イーエ: iije
詩歌[しいか・シーカ]: Síka >Síika
cf.
斯う[かう・コー]: kaku* >kau/káu
然う[さう・ソー]: sa* >sau/sáu
どう・ドー: do* >dóu(『ロドリゲス日本大文典』での開音的な綴りはとりあえず無視)
八日[やうか・ヨーカ]: Jauka
設ける[まうける・モーケル]: maukáyru
煮麺[にうめん・ニューメン]: Nimen* >Níumen
茗荷[めうが(「みゃうが」とも)・ミョーガ]: Meka* >Meuga(Myaggaとも)
父さむ[とうさむ・トーサン]: Tóusam
女王[ぢょうわう・ジョーオー]: Dyovág >Dyouvág
名誉 >面妖[めんよう・メンヨー]: megjou* >menjou
狩野[かのう・カノー]: Karinaw* >(Kannaw*) >Kanawu
紀伊[きい・キー]: Kúyy


助動詞「よう」は、拗音が直音二拍になったもの、あるいは「む」が「う」になった後に「よ」が挿入されたものとみなす。

しよう・シヨー: semu* >sem’* >seu* >sijóu
上げよう[あげよう・アゲヨー]: agaymu* >agaym’* >agayu* >agayjóu
見よう[みよう・ミヨー]: mimu* >mim’* >miu* >mijóu


長音に於いて、維持されるべき綴りが不明または存在しない場合では、字音などに頻出する綴りを使って次の様にする。字音の慣用音の内、長母音化により発生したと思われるものもここに含める。
ウ段長音: uu
オ段長音: ou
ア段長音: aa
イ段長音: ii
ウ段拗長音: iu
オ段拗長音: eu
ア段拗長音: yaa
この様にオ段長音に於いて開音より合音を優先するのは、前者にア段性が含まれることから。

焼売[しうまい・シューマイ]: Siumai/Syuumai(音声転写)/Shāomài(原語)
餃子[げうざ・ギョーザ]: Geuza/Gyooza(音声転写)/Jiǎozi(原語)


eiはエ段長音(エー)と二重母音(エイ)との両用に読まれ、eeはエ段長音でしか読まれない。

ねえ・ネー: née
ええ・エー: ée
背(勢)[せい・セイ*]: Sé >Séi
高え[たけえ・タケー]: takái >takée
寒え[さみい・サミー]: samúi >samíi
細え[ほせえ・ホセー]: xosói >xosée
良え[ええ・エー]: jói >jée
cf.
江戸語として考えた場合、次の様になるだろうか。読み仮名については長音であること以外は現代語読みをした。
高い[たかい・タケー]: takai*
寒い[さむい・サミー]: samui*
細い[ほそい・ホセー]: xosoi*
気前[きまへ・キメー]: Kimafe*
口答へ[くちごたへ・クチゴテー]: Kutigot’afay*
何処へ[どこへ・ドケー]: Doko* fe*, Dokofe*
教へる[をしへる・オセール]: vosifayru*


正書法(凡例)

原則
直音
拗音
促音
撥音
上代特殊仮名遣
アクセント
特殊な記号
アポストロフィ
外来音と外来語
分かち書きと大文字
Inglisc