特殊な記号

何らかの要素複数個の区別が失われた場合、合流後の要素を表す文字に記号を付けて合流前の要素を表すことは避ける。

派生表記の例:
・分節音素を特定する為の記号
・隣り合う文字への音韻的影響を残しつつ音価を失わせる記号
・複数の文字が共同で一つの音価を表すことを示す合字

他の記号の例:
・超分節音素を示す記号
・前後の文字の影響による音価変化を無効化する分音記号


そのままだと引き音として扱われてしまう綴りに対して引き音化を禁止する必要がある場合、その拍の母音字に分音記号としてトレマ(tréma仏)を付ける。
この記号は義務的な分音にのみ使い、非義務的な分音には使わない。
省略してもあまり問題にはならないとも思われる。u以外やアクセント核ではトレマの必要性が特に低い。
トレマと同様に引き音化を禁止するhは、形式的に子音字が強く必要とされる場合に使われる。
一方トレマは、子音字が必要だとは言えない場合や、既にh以外の子音字がある場合に使われる。多くの場合、元の読みへの回帰を表している。
参考: 直音

買ふ[かふ・カウ]: kafü
追ふ[おふ・オウ]: ofü
思ふ[おもふ・オモウ]: omófü
憂ふ[うれふ・ウレウ]: uréfü
危ふい[あやふい・アヤウイ]: ajafüi/ajafǘi(ajafúi)
多う[おほう・オーウ]: ófoku >ófoü
保温[ほをん・ホオン]: Xovön
保温器[ほをんき・ホオンキ]: Xovö́nki(Xovónki)
雄々しい[ををしい・オオシイ*]: vovösíi
とをを・トオオ: tovövö*
外衛[ぐゑゑ・ゲエ]: Gwevë*
外位[ぐゑゐ・ゲイ]: Gwévï
鱝[えひ・エイ]: Éfï
えい(掛声): éï
委員[ゐゐん・イイン]: Vívïn
委員会[ゐゐんくゎい・イインカイ]: Vivḯnkwai(Vivínkwai)
唯々諾々[ゐゐだくだく・イイダクダク]: vívï-dakudaku
アウ: aü*
エウ: eü*
アウア: aüa*
オウオ: oüo*
エイエ: eïe*
cf.
言ふ[いふ・ユー]: ifu
食ふ[くふ・クウ*]: kúfu
報ふ[むくふ・ムクウ*]: mukúfu
植う[うう・ウウ*(古語の現代共通語風読み)]: uu*, uuru*
候[さうらふ・ソーロー]: saurafu*
聶う[ひう(古語の現代共通語風読み)]: xuyu*
良い[いい・イイ*]: jeki* >jóki >jói >jei*/jee*/íi
大きい[おほきい・オーキイ*]: ofokíi
可愛い[かはいい・カワイイ*]: kafajúi >kafaíi
愛ほしい[いとほしい・イトーシイ*]: itofosíi
美味しい[おいしい・オイシイ*]: ohisíi
姪[めひ・メイ*]: Mefi
鰈[かれひ・カレイ*]: Kárefi
いい加減[いいかげむ・イーカゲン]: iikagem
聞いて[きいて・キーテ]: kiite
姉さむ[ねえさむ・ネーサン]: Néesam
詩歌[しいか・シーカ]: Síika
西洋[せいやう・セイ*ヨー]: Séijag
弥次郎兵衛[やじろべゑ・ヤジロベー]: Jaziróbeve
所為[せゐ・セイ*]: Sévi
十[とを・トー]: Tóvo
氷[こほり・コーリ]: Kofori
甲[かふ・コー]: Káfu
夕方[ゆふがた・ユーガタ]: Jufugata
催す[もよほす・モヨース/モヨオス]: mojofósu
強ひる[しひる・シイル]: sifúyru
秋保[あきう]: Akifo* >Akif* >Akihu*
東人[あづまうど]: Adumabito* >(Adumamdo*) >(Adumaudo*) >Adumahudo*
あああ・アーア: áaha
ウーウ: uuhu*
イーイ: iihi*


一拍の形態素としてのウがマ行(mu/mi/muyを除く)の直前にある場合、それが撥音化しないことを示すためにそのウをüとする。
ただし、この記号が役に立つことは殆ど無いと思われるので、省略を推奨する。

羽毛[うもう・ウモー]: Ümou(Umou)
高級羽毛[かうきふうもう・コーキューウモー]: Kaukifu-hǘmou(Kaukifu-húmou)
cf.
有無[うむ]: Úmu
海[うみ]: Úmi
馬[うま・ウ゚マ >(むま・ンマ)]: Umá >(Mmá)
子馬[こうま・コウ゚マ >(こむま・コンマ)]: Kawhuma >(Kawmma)
梅[うめ・ウ゚メ >(むめ・ンメ)]: Umay >(Mmay)
孫[まご, うまご・ウ゚マゴ >(むまご・ンマゴ)]: Magáw/Umagaw* >(Mmagaw*)
埋まる[うまる・ウ゚マル >(むまる・ンマル)]: umaru >(mmaru)
生まれる[うまれる・ウ゚マレル >(むまれる・ンマレル)]: umareru >(mmareru)
旨さ[うまさ・ウ゚マサ >(むまさ・ンマサ)]: Úmasa >(Ḿmasa)


簡易表記(代用1):
特殊な記号付きの文字や特殊な文字によって表される対象は出来るだけ簡単な表記で表せる様に工夫するが、下記の規則に従う。
・文字と拍数/音節数の関係を一定に保つ。
・派生記号を除いて、記号を文字で代用してはならない。
・単語によって代用したりしなかったりと変化してはならない。
・超分節音素の記号を除く記号の付いた文字や特殊な文字を含む綴りは、それと同じ役割を果たす綴りを基本ラテン文字だけで作れて、元の綴りを全く使わずにいられる場合、そちらを基本的な綴りとして常に優先する。(w/y/aw/ay/uyなど)
・より扱い易い他の記号で代用しても混乱が生じ難いならば、元の記号から役割がかけ離れていない限り、その記号を使う。
・文字の省略のみによる代用(無での代用)をしてはならない。(suの代用としてのsは不可)
・母音字位置や子音字位置に拗音字を使ってはならない。(aw/ay/uyでのw/yの位置は母音字位置とも子音字位置とも異なる)
・行の使われていない段をその行と関係の無い対象の表記に利用してはならない。(tay/tuyなど)
・何らかの対称性や統一性を損なわせる代用をしてはならない。(【u:i】/【v:j】/【w:y】/【oo/aa/ee:uu/ii】/【ü:ö:ë:ï】/外来音の子音字/活用語の語幹や語尾など)

オ段甲 >aw
エ段乙 >ay
イ段乙 >uy
uv >w(拗音字)
f:x:p(相互標識)
k/s/t/p:g/z/d/b(清濁)

上代に於いて語頭に濁音が立たないことや、甲乙の有無が清音と濁音とで一致していることから、清濁の関係も相互標識と見なしておく。


臨時表記(代用2):
特殊な記号/文字を扱えない状況では下記の規則に従う。
・記号付き文字であれば、その記号を外す。
・文字列の音価の変遷により必要となった合字であれば、元の文字列に戻す。
・特殊なラテン文字は、その文字の音価と最も近い音価を持つ基本ラテン文字で代用する。音価が複数種に分かれている場合、代用に使われる文字も複数種になり得るが、できるだけ少ない文字種で対応する。
・上記のものに当てはまらない場合は、基本ラテン文字の組み合わせで代用する。
ただし、文字の対称性ができる限り損なわれない様に、柔軟に対応する。(ð:þ=d:t=dh:th)

ú >u
ü >u
ŭ >u

「基本ラテン文字」とはa/b/c/d/e/f/g/h/i/j/k/l/m/n/o/p/q/r/s/t/u/v/w/x/y/zの26文字である。


正書法(凡例)

原則
直音
拗音
長音
促音
撥音
上代特殊仮名遣
アクセント
アポストロフィ
外来音と外来語
分かち書きと大文字
Inglisc