促音

促音には大きく分けて二種類あるものとする。一つは入声韻尾、もう一つは清音子音の重子音である。前者は元々が促音的であり、かつては語末にも立てるほどに独立性があった。後者は元々は促音ではなく、音便や子音強調によって発生したものであり、語末に立つことは無い。ただし、方言によっては入声韻尾でない促音が語末に立つこともある。
入声韻尾は平水韻を基準に綴る。


平水韻で緝/合/葉/洽の韻に属する字音が促音を持つ場合、その促音をpとする。
この促音は字音仮名遣のフと交替する。
ただし、「十」を[ジュッ]と読む場合など、長母音または二重母音の後部が促音化したとみられる場合はこれに含まず、清音子音の重子音とする。
この種の促音pが促音符ッを介してツ音に変わったと思われる場合に注意。(おそらく下記のものに限られる)

圧(壓): ap* >afu*/atu*
雑(雜): zap* >zafu*/zatu*
執/湿(濕): sip* >sifu*/situ*
接/摂(攝)/椄: sep* >sefu*/setu*
立: rip* >rifu*/ritu*
拉: rap* >rafu*/ratu*
蟄: tip* >tifu*/titu*
颯: sap* >safu*/satu*
立派[りっぱ]: rippa
入声[にっしゃう・ニッショー]: Nipsyag
雑誌[ざっし]: Zapsi
摂取[せっしゅ]: Sépsyu
接触[せっしょく]: Sepsyoku
颯爽[さっさう・サッソー]: sapsag
執政[しっせい・シッセイ*]: Sipseg
恰好[かっかう・カッコー]: Kapkau
納豆[なっとう・ナットー]: Naptóu
法度[はっと]: Xapto
法相[ほっさう・ホッソー]: Xopsag
十手[じって]: Zipte
十個[じっこ]: Zípko
接する[せっする]: sepsuru
cf.
建立[こんりふ・コンリュー]: Konrifu
入場[にふぢゃう・ニュージョー]: Nifudyag
合成[がふせい・ゴーセイ*]: Gafuseg
雑巾[ざふきん・ゾーキン]: Zafukin
執念[しふねむ・シューネン]: Sífunem
納税[なふぜい・ノーゼイ*]: Nafuzei
法律[はふりつ・ホーリツ]: Xafuritu
法力[ほふりき・ホーリキ]: Xofuriki
合戦[かっせん]: Kafusen* >Kassen(Kapsenも可)
十[じゅっ]: zifu* >zyupp…*/zyutt…*/zyukk…*/zyuss…*
十個[じゅっこ]: Zyúkko


平水韻で質/物/月/曷/黠/屑の韻に属する字音が促音を持つ場合、その促音をtとする。
この促音は字音仮名遣のツ/チと交替する。
古文に於いてはp/t/k/s以外の直前にも立つ。

物体[ぶったい]: Buttai
実験[じっけむ]: Zitkem
月光[ぐゑっくゎう・ゲッコー]: Gwetkwag
発表[はっぺう・ハッピョー]: Xatpeu
日本[にっぽん/にほん]: Nitpón/Nixón
日誌[にっし]: Nitsi
漆器[しっき]: Sitki
一冊[いっさつ]: Itsatu
冊子[さっし]: Sátsi
喫茶店[きっさてむ・キッサテン]: Kitsatem
決済[くゑっさい・ケッサイ]: Kwétsai
罰する[ばっする]: batsuru
達する[たっする]: tatsuru
cf.
石灰 >漆喰[シックイ]: Sikkui
冊子[さっし]: Sakusi* >Sáusi >Sássi
(「冊」のsatu/sat、「喫」のkitu/kitは慣用音)


上記以外の促音の内、カ行/サ行/タ行/パ行の直前にあるものは清音子音の重子音とする。kk/ss/tt/pp
VVCはVCCになり易い様に思われる。(Vは母音、Cは子音)
平水韻で屋/沃/覚/薬/陌/錫/職の韻に属する字音の韻尾ク/キの促音化は、基本的にカ行の直前のみで(希にパ/タ行の直前でも)起こる為、ここに含める。
母音脱落によって発生した場合を除き、この種の促音の直後にはハイフンを置かない。
※重子音としての促音を持つ語から子音を特定しない形で重子音という特徴だけが移植されることもあると考えて、元の語形にタ行が含まれていても後続の子音字に同化させた。この様な促音は撥音と交替することもある。(ぶっ飛ばす/ぶっ放す/ぶっ壊す/ぶっ刺す/ぶん回す/ぶん投げる)

あっと: atto
そっと: sotto
じっと: zitto
真[ま]: ma*
真っ赤[まっか]: makká
真っ青[まっさを・マッサオ]: massávo(ma-ssávo)
真っ平[まったひら・マッタイラ]: mattáfira(ma-ttáfira)
真っ裸[まっぱだか]: mappádaka(ma-ppádaka)
真っ正面[まっしゃうめん・マッショーメン]: Massyágmen(Ma-ssyágmen)
真ん中[まんなか]: Mannaka(Ma-nnaka)
真む前[まむまへ・マンマエ]: Mammáfe(Ma-mmáfe)
早速[さっそく]: sausoku >sassoku
早急[さっきふ・サッキュー]: saukifu >sakkifu
十回[じゅっかい]: zyukkwái
牛車[ぎっしゃ]: Gíssya
富貴[ふっくゐ・フッキ]: Xúukwi >Xúkkwi
亀甲[きっかふ・キッコー]: Kikafu* >Kikkafu
天辺[てっぺん]: Texen* >Teppén
呆気[あっけ]: Akkay
奴[やっこ]: Jatukaw >Jakkaw
全く[まったく]: mataku* >mattaku
をっさむ・オッサン: Vodisama >Vossam
欲す[ほっす]: xorisu* >xossu
仰る[おっしゃる]: ofoseharu* >ossyáru
いらっしゃる: iraseraru* >irassyáru
訴へる[うったへる・ウッタエル]: urutafu* >uttafáyru
坊ちゃむ[ぼっちゃむ・ボッチャン]: Bóttyam
新田[にった]: Nitta
大っきい[おっきい・オッキイ*]: ofokíi >okkíi
尊い[たっとい]: tafutáwi >tattáwi
夫[をっと・オット]: Vofito* >Vofto* >Votto
行って[いって]: ikite* >(iite*?) >itte
言って[いって]: ifite* >ifte* >itte
煎って[いって]: irite* >ítte
勝って[かって]: katite* >kátte
って: tote* >tte
安っぽい[やすっぽい]: jasuppói
安いっぽい[やすいっぽい]: jasuippói
馬鹿っぽい[ばかっぽい]: Báka ppoi/bakappói
それっぽい: Sore ppói/soreppói
打っ飛ぶ[ぶっとぶ]: butitobu* >buttóbu
打っ放す[ぶっぱなす]: butixanasu* >buppanásu
打っ壊す[ぶっこはす・ブッコワス]: butikofásu >bukkofásu
突っ込む[つっこむ]: tukikomu* >tukkómu
差っ引く[さっぴく]: sasixíku >sappíku
掻っ攫う[かっさらふ・カッサラウ]: kakisarafu* >kassaráfü
落っことす[おっことす]: okkotósu
格好[かくかう >かっかう・カッコー]: Kakukau* >Kakkau
学校[がくかう >がっかう・ガッコー]: Gakukau* >Gakkau
遡及[そきふ・ソキュー, さくきふ >さっきふ・サッキュー]: Sokifu/Sakukifu* >Sakkifu
石鹸[せきけむ >せっけむ・セッケン]: Sekikem* >Sekkem
陸行[りくかう >りっかう・リッコー]: Rikukag* >Rikkag
力行[りきかう >りっかう・リッコー]: Rikikag* >Rikkag
六法[ろくはふ >ろっぱふ・ロッポー]: Rokuxafu* >Róppafu
百方[ひゃくはう >ひゃっぱう・ヒャッポー]: Xyakuxag* >Xyappág
北方[ほくはう >ほっぱう・ホッポー]: Xokuxag* >Xoppag
洗濯機[せんたくき >せんたっき]: Sentákuki >Sentákki
適確[てきかく >てっかく]: tekikaku >tekkaku
cf.
核家族[かくかぞく]: Kakukázoku
沖言葉[おきことば]: Okikótoba
夏期講習[かきかうしふ・カキコーシュー]: Kakikágsifu
かきくけこ: Kakikúkeko
百点[ひゃくてむ・ヒャクテン]: Xyakutém
国宝[こくほう・コクホー]: Kokuxou
齷齪[あくせく]: ákuseku
育成[いくせい・イクセイ*]: Ikuseg
匹敵[ひってき]: Xitteki
逼迫[ひっぱく]: Xippaku
逼悩[ひつなう・ヒツノー]: Xitunau*


上記以外の促音の綴りは敢えて定めないままにしておく。
次の点を踏まえつつ各自の感覚に従って欲しい。
・促音を表す仮名は「っ/ッ」である
・t/n/mの韻尾だけが連声に使われた
・k/sは重子音でしか促音に成らない
・b/p/f/x、d/t、g/k、z/sはそれぞれ相互標識である
・mとpは韻尾に於いて対となる
・mm/nn/gg/ffでは促音を表せない
・vv/jjでは促音を表しがたい
・hは清音子音ではないが、ほぼ無音の子音字である
・撥音はmかnでしか綴れない
・この様な不定の促音への「綴りの維持」の適用は危ういと思われる

例:

あっ: at
さむっ: samut
十品目[じゅっひむもく・ジュッヒンモク]: Zyupxímmoku
使ひっ古し[つかひっふるし・ツカイッフルシ]: Tukafipxurusi
アッハ: apxa*
アッバ: apba*
アッマ: apma*
あっは・アッワ: apfa*
アッア: atha*
アッガ: atga*
アッザ: atza*
アッダ: atda*
アッナ: atna*
アッヤ: atja*
アッラ: atra*
アッワ: atva*
ンッ: nt*
むっ・ンッ: mp*


促音符の直後の長音符は促音と見なす。
ただし、日本語は促音と促音の長音とを区別できない。

アッー=アッッ: att


無音を表す擬音語を除き、促音だけでは語に成らない。促音を担う字は必ずその前後どちらかの字と同じ語に属す。


関連文献:
小松英雄(1956) 「日本字音における唇内入声韻尾の促音化と舌内入声音への合流過程–中世博士家訓点資料からの跡付け–」
黒沢晶子(1994) 「漢字音における母音の脱落現象と教え方」
舘野由香理(2012) 「現代日本漢語における唇内入声音の促音化について」


正書法(凡例)

原則
直音
拗音
長音
撥音
上代特殊仮名遣
アクセント
特殊な記号
アポストロフィ
外来音と外来語
分かち書きと大文字
Inglisc