外来音と外来語

捨て仮名を使った外来音を翻字する場合は、捨て仮名の直前の仮名用の母音字にブレーヴェ(breve)を付ける。ウォ/イェなどは仮名と音価の対応が例外的なので、形式的に先ずvăo/jăe(求められる子音を発音させる母音字と、求められる母音を担う母音字)という表記があったものと考え、その表記の代用としてvuo/jieを用いるものとする。つまり、ブレーヴェ付きの母音字は必ずその直前に子音字を伴う。
ただし、捨て仮名として書かれていても、単独で一拍に読まれる場合にはブレーヴェを使わない。

参考: 拗音, 特殊な記号
以下、アクセント核の記号は省略する。

ツ/ツォ/ツァ/ツェ/ツィ:
tu/tŭo/tŭa/tŭe/tŭi
フ/フォ/ファ/フェ/フィ:
xu/xŭo/xŭa/xŭe/xŭi
フュ/フョ/フャ:
xŭju/xŭjo/xŭja
テュ/テョ/テャ:
tĕju/tĕjo/tĕja
ツュ/ツョ/ツャ:
tŭju/tŭjo/tŭja
ウォ/ウェ/ウィ:
vuo/vue/vui
ウュ/ウョ/ウャ:
vuju/vujo/vuja
イェ: jie
スィ: sŭi
トゥ: tŏu
ティ: tĕi
cf.
ヲ/ワ/ヱ/ヰ:
vo/va/ve/vi
ユ/ヨ/ヤ/エ:
ju/jo/ja/je


ヴはŵuとする。
ドイツ語などでのwの音価から。
他の外来音とは異なり、母音音素の変化ではなく子音音素の追加として解釈している。厳密にはこれを音素として認めることには問題もあるが、敢えてバ行と区別しようとする話者にとっての音韻体系には音素として存在し得るものとみなした。
参考: 拗音, 上代特殊仮名遣

ヴ/ヴォ/ヴァ/ヴェ/ヴィ:
ŵu/wŭo/wŭa/wŭe/wŭi
ヴュ/ヴョ/ヴャ:
wŭju/wŭjo/wŭja
アッヴ: atŵu
アンヴ: anŵu
アヴア: aŵua
オヴオ: oŵuo
エヴエ: eŵue
バイオリン/ヴァイオリン: Violin(Baiorin/Wŭaiorin)


捨て仮名ェがイ段の直後にある場合は、開拗音字を使う。ただし、イェはjieとする。
yiを使うことは無い。
参考: 上代特殊仮名遣

シュ/ショ/シャ/シェ:
syu/syo/sya/sye
チュ/チョ/チャ/チェ:
tyu/tyo/tya/tye
ヴィェ: wŭye


外来形態素では輸入元の綴りを出来るだけ維持する。輸入経路の解釈によっては綴りが変わり得る。
元の言語がラテン文字表記でない場合は、元の文字のまま書くか、その言語のラテン文字化規則に従う。
分かち書きの仕方は原語に従うが、大文字の使い方は和語や漢語と同様に「分かち書きと大文字」に従う。
外来形態素が日本語に輸入された後に他の形態素と複合した場合は、綴り以外は「分かち書きと大文字」に従う。その外来形態素と他の形態素とはハイフンで繋ぐ。外来形態素同士の和製複合語でも同様。
外来語に漢字表記が存在する場合、その漢字の読みを使っても良い。
基本的に音声転写は読み仮名が必要な場合にのみするが、利用者の好みによってはこちらが優先されることもあると思われる。
外来形態素であることが綴りから読み取れないものや字音語は、日本語史を利用した綴りや音声転写を優先したほうが良いかも知れない。

ファイト:Fight(Xŭáito)
アウト: Out(Áüto)
タイム: Time(Táimu)
プール: Pool(Púuru)
ファイト: Fight(xŭáito)
グレイ*ト: great(guréito)
ギリシャ: Graecia(Gírisya)
ランドセル: Ransel(Randóseru)
コンピューター: Computer(Kompyúutaa)
コーヒー: Koffie/Coffee(Kooxíi)
カフェオレ: Café au lait(Kaxŭehore)
キャッチボール: Catch-ball(Kyattibóoru)
ラテン文字: Latin-mózi(Raten-mózi)
キリル文字: Kirill-mózi(Kiriru-mózi)
段ボール: Dan-board(Dan-bóoru)
プール内: Pool-nai(Puurúnai)
スプレー缶: Spray-can(kwan)(Supureekan)
スポーツっ子: Sports-kkaw(Supootukkaw)
英吉利: Inglez(Igirisu/Eggiri*)
亜米利加: America(Amerika)
ザメンホフ: Lazarus Ludwig Zamenhof
ルター: Martin Luther
若き日の…: Vákaki xí no martin luther
cf.
アウトー: Áütoo
アウトッ: Áütot
タイムー: Táimuu
タイムッ: Táimut
ファイトー: Xŭáitoo
ファイトッ: Xŭáitot
グーレイ*トー: guuréitoo


外来形態素は、その略語化を以って日本語に完全に組み込まれたものと考え、音声転写をする。
略語とみなすかただの日本語訛りとみなすかは任意とする。日本語訛りであれば、元の綴りを維持。
ただし、輸入元の言語に於いて既に略語であるものを日本語に取り入れた場合や、原語に於ける形態素や音節を脱落させただけの場合は、元の綴りを維持する。
パトカー: Patrol-car >Patoroorú-car >Pató-car (Patókaa)
パソコン: Personal Computer >Paasonaru-computer >Paso-com(Pasokom)
プリクラ: Print-club >Purintokúrabu >Purikura
オケ: Orchestra >Ookésutora >Óke
アニメ: Animation >Animéesyon >Ánime
トイレ: Toilet >Tóiretto >Tóire
レス: Response >Résuponsu >Résu
cf.
ミスコン: Miss-contest >Miss-con(Misukon)
メイクアップ >メイク: Makeup >Make(Méiku)

外来形態素に活用語尾が付いた語に於いても、その外来形態素は日本語に完全に取り込まれたものとみなす。
エロい: (eroki*) >erói
ディスる: dĕisúru
ファボる: xŭabóru


音声転写でない、日本語の音韻史を基にした綴り(他のページで定めた規則)に於いては、次の点に注意する必要がある。
・複数文字の音価が音韻的に合流した場合、どの文字も全く同じ音価になる為、その内のどれか一つのみを「表音的な文字」と呼ぶことはできない。
・文字の音価を合流前のものに復元して利用するならば、書き取りの対象となる単語の音韻も同時に復元しなければならない為、どの文字が適切なのかを現代語音のみから判断することはできない。

一方、音声転写に於いては、書き取りの対象となる語が日本語の音韻史から切り離される。
つまり、外来語を書き取る場合、「今どう聞こえるか」と文字の音価に従うだけで良く、日本語としての無標な綴りに従う必要は無い。
「仮名での音声転写からの翻字」という過程を経ずに、子音と母音とを書き分けられるラテン文字の特性を利用しても良いと思われる。
音声転写に利用される綴りは次のものなる。
・聞き取った音声と近い音価を現在持つ綴り
・聞き取った音声と近い音価を過去に持っていた綴り
・過去から現在までに担ってきた音価の幅の狭い綴り

また、字音語(古音/呉音/漢音/唐音を除く)や擬音語/擬態語は上記二種類の綴り方のどちらをも適用し得るので、利用者の判断に任せたい。

焼売[しうまい・シューマイ]: Siumai/Syuumai(音声転写)/Shāomài(原語)
餃子[げうざ・ギョーザ]: Geuza/Gyooza(音声転写)/Jiǎozi(原語)
襖𨱽[あをざい・アオザイ]: Avozai/Aozai(音声転写)/Áo dài(原語)
鍋巴[ぐをば・グオバ]: Guvóba/Guóba(音声転写)/Guōbā(原語)
うをお・ウオー: uvoo/uoo
がをお・ガオー: gavóo/gaóo
おええ・オエー: ojee/oee
うようよ: újawhujaw/újohujo


正書法(凡例)

原則
直音
拗音
長音
促音
撥音
上代特殊仮名遣
アクセント
特殊な記号
アポストロフィ
分かち書きと大文字
Inglisc