アクセント

アクセント核の母音字には鋭アクセント記号を付ける(単独で拍となっている子音字がアクセント核なら、その子音字に付ける)。
ú/ó/á/é/í
áw/áy/úy
(ń)

名[な]: Na
木[き]: Kúy
水[みづ・ミズ]: Midu
秋[あき]: Áki
花[はな]: Xaná
会社[くゎいしゃ・カイシャ]: Kwaisya
電気[でんき]: Dénki
お菓子[おくゎし・オカシ]: Okwási
男[をとこ・オトコ]: Votokáw
大学[だいがく]: Daigaku
文学[ぶんがく]: Búngaku
雪国[ゆきぐに]: Jukíguni
歳時記[さいじき]: Saizíki
弟[おとうと・オトート]: Otoftó
中国語[ちゅうごくご・チューゴクゴ]: Tyuggokugo
普及率[ふきふりつ・フキューリツ]: Xukífuritu
山登り[やまのぼり]: Jamanóbori
見物人[けんぶつにん]: Kenbutunin
けんもほろろ: kénmoxororo
お巡りさむ[おまはりさむ・オマワリサン]: Omáfarisam
金婚式[きむこんしき・キンコンシキ]: Kimkónsiki
国語辞典[こくごじてん]: Kokugo-zíten
十一月[じふいちぐゎつ・ジューイチガツ]: Zifuhitigwatú
座りな>座んな: suvanna
座るな>座んな: suvánna
ん(拍名): Ń
わをん・ワオン: Vavoń
コーン茶[コーンチャ]: Koóntya/(Koońtya)/Corn-tya


以下の幾つかの例では読み仮名を省略した。

体言(体言性が弱まった場合を含む)や形容名詞以外の語は、その直後に接語が無い限り、語末拍(促音ならその直前拍)にはアクセント核が無いとみなす。
接語があれば、アクセントに応じて記号を付ける。
ただし、語末拍が次のどれかである場合、その直前の拍にアクセント核が移動し易い。
・撥音
・引き音
・二重母音の後部拍
参考: 分かち書きと大文字

する: suru
する時[するとき]: suru tóki
するまで: suru máde
するとは: surú to fa
するしか: surú sika
するから: surúkara
するけど: surúkedo
「する」と言った: «surú» to itta
して: site
しては: sité fa
これに: Kore ni
これには: Kore ní fa
あの: ano
あの声: ano kóve
「あの」と言った: «anó» to itta
今日は[こむにちは・コンニチワ]: komnitifa
「今日は」と言った: «komnitifá» to itta
あっ: at
「あっ」と言った: «át» to itta
しない: sinai
「しない」と言った: «sinaí/sinái» to itta
cf.
月[つき]: Tukúy
好き[すき]: sukí
駄目[だめ]: damáy
12月1日[じふにぐゎつついたち・ジューニガツツイタチ]: Zifunigwatú Tuuytatí/Zifunigwatu-tuuytatí
102年[ひゃくにねん]: Xyakú Nínen/Xyakunínen


前にある語のアクセントの影響を受けて付属語などのアクセント核が弱化することがある。
弱化したアクセントの記号は省略可。

ここまで: Koko máde
どこまで: Dóko made


「日Xi/上Ufay/内Uti/下Sita/人Xito/(所Tokoro)」が制限修飾されると語末の拍が核になる。

日[ひ]: Xi/xí
明くる日は: akuru xí fa
24時間である日は: Nízifu Jozíkan de áru Xi fa
人[ひと]: Xito/xitó
大きい人は: ofokíi xitó fa
哺乳類である人は: Xonyúurui de aru Xito fa


「時/限り/(事)」が制限修飾されると頭高型になる。

時[とき]: Tokí/tóki
時の: Toki-no/tóki no
この時: kono tóki
時は来た: Tokí fa kíta
する時は: suru tóki fa
限り[かぎり]: Kagirí
限りの: Kagiri-no
この限り: kono kágiri
する限りは: suru kágiri fa
事[こと]: Kotó/kóto
事の: Kotó no/Koto-no/kóto no
する事は: suru kotó/kóto fa


ただし、アクセントによって意味が変わる場合、制限修飾されていてもアクセントが変わらないことがある。

その「下」とこの「下」とでは意味が異なる。:
Sono ​​«sita» to kono «sita» tó de fa Ími ga kotonáru.
過去・現在・未来といふ三つの時:
Kwáko/Génzai/Mírai to ifu Mittú no tokí
彼の時は止まったままだ。:
Káre no tokí​ fa tomatta mamá da.
cf.
彼が三つの時:
Káre ga mittú no tóki
相手が彼の時は大人しい。
Afité ga Káre no tóki fa otonasíi.


上記以外では、アクセントの変化を伴って連続した形態素群を一語として扱う。
他の形態素と置き換えた場合からの類推も基準とする。
(他にも必要な条件があるかも知れない)

ある程度: áru tegdo >arutégdo
いつの間に: Ítu no ma ni >itunomani
いつの間にか: Ítu no ma ní ka >itunomaní ka >itunomanika
この間: kono afida >Konohafidá
止むを得ない: jamú vo énai >jamuvohénai
これじゃない(これじゃん): Kore dyánai
cf.
これじゃない(これに非ず): Kore dya nái


平板式の動詞が他の動詞連用形の直後に来ると起伏式に変わる。

始める: xazimayru
し始める: si-xazimáyru
終はる[をはる・オワル]: vofaru
し終はる: si-vofáru
忘れる: vasureru
し忘れる: si-vasuréru
負ける: makayru
し負ける: si-makáyru
比べる: kurabayru
し比べる: si-kurabáyru


平板式アクセントの連体詞が「人/子」などを修飾するとアクセントが変化することがある。

あの人: ano+xitó >Anóxito
この人: kono+xitó >Konóxito
その人: sono+xitó >Sonóxito
あの子: ano+kaw >Anókaw
この子: kono+kaw >Konókaw
その子: sono+kaw >Sonókaw
この度: kono+tabí >Konótabi
その他: sono+xoka >Sonóxoka
その節: sono+sétu >Sonósetu
cf.
どの人: dóno xitó
どの子: dóno kaw


助詞「の」が後続すると平板式になる語がある。
その場合は助詞とその直前の体言とを繋げるが、体言としての機能は失われないので、ハイフンを挟むことを推奨する。
ただし引用文や作品名の末などでは平板化しないこともある。

花の: Xaná+no >Xana-no
男の: Votokáw+no >Votokaw-no
弟の: Otoftó+no >Otofto-no
昨日の: Kinófu+no >Kinofu-no
『荒城の月』の: “Kwagzyag no tukuy”-no/“Kwagzyag no tukúy” no
cf.
一の: Ití no
六の: Rokú no
次の: Tugí no
男の子: Votokáwnokaw


助詞「と」が助動詞「う/よう/まい」に後続すると、動詞が平板化することがある。その場合は助詞とその直前の動詞とを繋げる。

泣かうと[なかうと・ナコート]: nakáu+to >nakauto
着ようと: kijóu+to >kijouto
泣くまいと: nakumái+to >nakumaito


※アクセント核とは、語句の区別に関わる音の高さの変動を起こす要素、またはそれを持つ拍のことです。一般的には東京式や京阪式のアクセント体系に於いてアクセント核から直後の拍に移行する時に音が急激に下がると説明されますが、僕個人としては「鼻」と「花」の対応の仕方から東京式では高さが、反対に後述のアクセント史の解釈などから京阪式では低さが、それぞれの核としての在り方なのではないかと考えています。とはいえ、学問的な手続きを踏んで研究していらっしゃる専門家の方々を差し置いて、論文にしたわけでもない僕の様な素人の私見をあたかも事実であるかの様に喧伝することはあってはならないとも考えています。


アクセント史について:

一般的に高起式(平進式とも)の核とされる高い拍より、その直後の低い拍こそが強調されるべき核なのではないかという直観に基づいて、Twitter上でいくつかご意見を頂きつつ自分なりにしっくり来る記述を模索してみた所、鎌倉時代以降の類については上野善道氏の解釈に於ける記号を音節間から音節上に移動したものと言えるものになった。下記の点とも相性の良い解釈になっているのではないか。ご意見募集。
感謝: @monk130/@nkmr_aki/@theloyaltouch

・核の位置の対応
・京阪式の方言で母音の無声化があまり進んでいないこと
・京阪式では高起式語末に拍内下降のある型がほぼ無いこと
・少なくとも京阪式の語頭に於いては高い拍が無標、低い拍が有標であること

※「合流が起きたら、それ以前に無標だった方の綴りを優先する」というSegsyoxafuの原則に従い、より所属語彙の多そうな類を無標と考えて⦿より◎を核の記号として優先した。(通時的に見るならば東京式も鈍アクセントで記述すべきだろうが、今回は共時的な差異を示すことを優先した)
※二種の核のどちらを使うべきかが曖昧な場合があるが、特に必要が無い限りは綴り上の音節を基準として上の解釈を適用する。(子音字に核を置きたくないという欲の存在も含めて、危ういか?)
※綴り上の音節を基準にすると、字音語などには上の表に無いアクセントの型も現れる。(例: 形容詞 kegjôgsi ●●●○○)
※平安時代以前の体系とされているものには、所属語彙が極少または不安定な類がいくつかあるが、これについては保留した。

上の解釈に基づいてSegsyoxafu化した類別語彙

※「3種の類」については「『京阪系アクセント辞典』の凡例」を参照。


不完全複合語:

中央: Tyùghàg
市民: Simìn
映画館: Eggwakwàn
会議室: Kwàigisìtu
中央会議室: Tyùghag-kwàigisìtu/(Tyùghag-kwäigisìtu)
市民会議室: Simin-kwàigisìtu/(Simin-kwäigisìtu)
中央映画館: Tyùghag-hëggwakwàn
市民映画館: Simin-heggwakwàn

※こうして分音記号を使うことで発生するö/ä/ëに点字を割り当てることは困難と思われる。しかし、助詞直前のスペースにアクセント単位の分割をさせていない(これについては西洋言語の前置詞も参考にした)のと同様に、不完全複合語であることは文脈から概ね予測出来るものと考えるなら、実用上はこの用法に於ける分音記号を省略しても問題無いのかも知れない。あるいは点字に於いてはc/l/qをö/ä/ëの代用とすべきか(どれとどれを対応させるかは保留)。


他の方言のアクセントについては保留。

このように、アクセント記号には「綴りの維持」の要素をほとんど込めていない。
現代共通語のアクセントへの古典アクセントの利用は同綴異義語を減らすのにはあまり役立たないと考えた。実用性より歴史的変遷を徹底的に重視するローマ字規則を作るのであれば、ここに改善の余地があると思われるが、古典アクセントの音価を復元すると現代語の句音調やイントネーションとの両立が出来なくなるとも思われる為、その様な問題の生じない分節音とは扱いを変える必要があるかも知れない。

正書法(凡例)

原則
直音
拗音
長音
促音
撥音
上代特殊仮名遣
特殊な記号
アポストロフィ
外来音と外来語
分かち書きと大文字
Inglisc

広告