挨拶

渡邉隆之(Vatanabe Takájuki)
漢字を使えない状況での日本語の同綴異義語の数を最小限にすべく、日本語の音韻やラテン文字の歴史を最大限に活用したローマ字方式「Segsyoxafu」を提案します。

・視覚障碍/失読症/日本語学習の役に立ち得る
・漢字入力/識別名/メモ/創作/他言語学習などに活用できる
・歴史的仮名遣が古語にも現代語にも使えるのと同様に、Segsyoxafuも古語にも現代語にも使える
・原則を他言語に流用できる
・気が向いた時にすぐ始められて、飽きたらすぐ止められる

Segsyoxafuとは「正書法」のことですが、他の書法に対する「正」と云うよりは、このローマ字自体に於ける「正」と云う程度に感じて頂きたく思います。
響きや字面の恰好良さ や、このローマ字の特色を示すのにとても都合が良いことから、この単語を使っています。
他の表記法を間違いとするものではありません。


[知識負担:アクセント/歴史的仮名遣/上代特殊仮名遣/韻尾/語源]

「コーショー」と読まれる語の書き分け:
黄鐘: Kwagsyog
鉱床: Kwagsyag
公称: Kogsyog
工廠: Kogsyag
哄笑: Kogseu
講頌: Kagsyog
行章: Kagsyag
口承: Kousyog
厚相: Kousyag
考証: Kausyog
校章: Kausyag
巧笑: Kauseu
交渉: Kausefu
甲匠: Kafusyag


※Segsyoxafuを好んで下さる方々へのお願い:
・Segsyoxafuの使用を他者に強制しないで下さい。
・Segsyoxafuを好まない方々を攻撃しないでください。できれば共感できる点を探して下さい。
・他の文字体系や綴り方を悪く言わないで下さい。それは僕やあなたが大事にしている人/作品/キャラクターの表記でもあります。

重要なのは「敵を作らないこと」、「嫌いと表明してしまった人が気軽に意見を翻せること」、「好きと表明することに抵抗が少ないこと」です。
なかなか難しいとも思いますので、もちろん無理にとは言いません。時々これらを思い出して頂ければ幸いです。


更新情報などはTwitterにて。
@Segsyoxafu
お気軽に話しかけて下さい( ´ ▽ ` )ノ

・Segsyoxafuを使いたいからと言って僕をフォローする必要はありません。
・僕をフォローしたからと言ってSegsyoxafuを使う必要はありません。
・フォローするもしないも、フォローを外すも再度フォローするも、とにかくお気軽にどうぞ。
・和やかに話相手をしてくれそうだと僕が感じた方には、そう感じている間、フォローを返します。義理フォローはしません。
・僕は所謂「萌え」やグルメに関係する画像が大好きで、そういう投稿をして下さる方々を大量にフォローしています。
・「嫌いにならない為にフォローしない」という選択肢が僕にもあなたにもあることをどうか忘れずに。

・ハッシュタグ「#temsaku」を付けてリプライして頂ければ、そのツイートにあるSegsyoxafu式ローマ字の添削を致します。
・各使用者の方言や直感を尊重する為、特に希望が無い限り、アクセントや分かち書きについては添削しません。
・Segsyoxafuを気軽に利用して頂きたいので、「#temsaku」が無いツイートは出来る限り添削しません。
・ハッシュタグ「#xenkwan」を付けてリプライして頂ければ、そのツイートに書かれた日本語を丸ごとSegsyoxafuに変換します。添削では難しいと感じたらこちらをどうぞ。
・僕にリプライせずともこれらのハッシュタグがあればできるだけ上記の対応をしますが、時間が多くかかったり、見逃したりするかも知れません。
・僕へのリプライになっていない場合は、僕以外の誰もが添削者や変換者に成れます。Segsyoxafuに慣れてきたら、ぜひ他の使用者を優しく助けてあげてください。
・「いいね」やリツイートは、その対象となったツイートに書かれたローマ字がSegsyoxafuの規則通りであるか否かとは関係がありません。
・僕も他の方式のローマ字を使うことがあります。((((;゚Д゚)))))))

・「#segsyoxafu575」や「#segsyoxafu57577」というハッシュタグと一緒にぜひSegsyoxafuで書かれた575や57577のツイートをしてみてください。もちろん「#temsaku」や「#xenkwan」と合わせて利用することもできます。

#segsyoxafu

メールアドレス:
segsyoxafu@gmail.com

お題箱
ask.fm

ご意見ご感想募集中!
何でもお気軽にどうぞ。✌︎(‘ω’)✌︎


関連文献:
瀬尾政雄(1982) 「点字使用者の同音異義の”漢字”想起について」
沖森卓也[編著](2010) 「音韻史」『日本語ライブラリー 日本語史概説』 朝倉書店
木田章義(2013) 「音韻史」『国語史を学ぶ人のために』 世界思想社
築島裕(2014) 『歴史的仮名遣い その成立と特徴』 吉川弘文館
沼本克明(2014) 『帰納と演繹とのはざまに揺れ動く字音仮名遣いを論ず』 汲古書院
高山倫明 木部暢子 松森晶子 早田輝洋 前田広幸(2016) 『シリーズ日本語史1 音韻史』 岩波書店

デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」


現在このサイトは黒い画面に白い文字が表示される様になっています。普段から端末の白黒反転機能を駆使して一般的な黒い文字で書かれた文章を読んでいる視覚障害者(弱視者)の方々には、却って反転の解除という余計な手間を要求することになっているかも知れません。しかし、視覚障害をまだ持たない人々に何かを感じて貰うきっかけになるのでは無いかと、実験的にこの様にしています。これに関しても是非ご意見を下さい。